スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

平成26年安全衛生環境協力会総会。

平成26年大成ハウジング富山安全衛生環境協力会総会、安全衛生環境管理徹底大会に参加させて頂きました。

DSC09803_convert_20140207194105.jpg DSC09807_convert_20140207194132.jpg DSC09808_convert_20140207194158.jpg





























新築、リフォーム、メンテンスの全ての分野において協力業者の皆さんには日々頑張ってもらっています。この時期、各現場の確認にいって寒い中仕事を黙々とこなす協力業者の皆さんの姿をみていますと本当に頭が下がります。

これからも協力業者の皆さんとはコミュニケーションを深めて協力しあって、お客様に喜んで頂けるように一緒に頑張りたいですね。

会の最後には秋山会長より決意表明を頂きました。
「無事故・無災害でお引渡しをする」ことは私たちが果たすべき社会的責任でありますし、弊社の基本方針である「お客様第一主義の実践」の基本でもあります。
今年1年協力会の皆さんと共にお互い協力しあって無事故・無災害を達成したいと思います。

DSC09819_convert_20140207194223.jpg DSC09823_convert_20140207194246.jpg
スポンサーサイト

平成25年安全衛生環境協力会総会・安全衛生環境管理徹底大会。

昨日、呉羽ハイツで行われました平成25年大成ハウジング富山安全衛生環境協力会総会・安全衛生環境管理徹底大会に参加させて頂きました。

DSC07598_convert_20130215105217.jpg DSC07601_convert_20130215105311.jpg DSC07614_convert_20130215105527.jpg


















安全衛生環境管理徹底大会では安全衛生管理方針書の「安全衛生方針」と「安全衛生目標」を協力会会員の皆さんと確認しあいました。
一部抜粋しますと・・

ハウスメーカーである当社にとって「無事故・無災害でお引渡しする」ことは企業が果たすべき社会的責任であるばかりでなく、会社としての方針に掲げる「お客様第一主義の実践」の基本とするものです。
「全ての事故・災害は防ぐことができる」という強い信念をもって、新築工事はもとより、リフォーム・解体・アフターサービスの各工事で安全衛生管理活動を展開し、「安全衛生方針」を確実に実践し「安全衛生目標」を達成しなければなりません。

当社は、働く人々が安心できる安全衛生環境の向上に努め、お客様やご近所の皆様、そして広く社会全般から信頼と共感をもって受け入れられるハウスメーカーを目指します。
さらに一人一人が「お客様第一主義の実践」を絶えず意識し、安全に加えて現場美化を推進することで、お客様満足度の向上を図ります。


現場で実際に仕事をされる協力会会員の皆さんの力なくしてはどれだけ素晴らしい計画を策定しても「安全衛生方針」の実践も「安全衛生目標」の達成も、そして大方針である「お客様第一主義の実践」も絵に描いた餅になってしまいます。計画よりも実際に行動、実行することが何倍も大切です。
協力会会員の皆さんとは意識を常に共有して共に社会のお役に立てる仕事を果たしていきたいと思っております。
協力会会員の皆さん、今後ともより一層のお力添え宜しくお願い致します。

DSC07607_convert_20130215105357.jpg DSC07609_convert_20130215105443.jpg
















大会の最後には協力会会員の皆さんから決意表明を頂きました。

DSC07615_convert_20130215105626.jpg DSC07616_convert_20130215105714.jpg

年末のご挨拶廻り。

今日の富山市は久しぶりの青空が広がっています。
年末も差し迫ってきたこの時期ですが、なんとか天気持ってほしいですね。
お客様に気持ちよく新年を迎えて頂くために当社スタッフ、協力業者さんと力をあわせてそれぞれの持ち場で全力をつくしたいと思います。

さて、この時期といえば毎年恒例の年末ご挨拶回りですが池田も一昨日から開始致しました。
一昨日は、黒部、魚津方面へいったわけですがいつものことながら感じるのはお客様の温かさですね。
お客様から温かい励ましを頂けることには本当に感謝しなければなりませんね。
励ましを頂いて、士気凛然・勇気百倍といったところでしょうか。

ただ正直に言って、お客様とのお付き合いの程度に関して言えば私含めて当社のレベルはまだまだで、合格点にも達していないと日々反省しきりですが、お客様とのお付き合いの程度をさらに深化すべく日々愚直に精進したいと考えております。
言葉でいうのは簡単で誰でもできます。言葉だけで行動、実行しないのは無責任ということになります。とにかく大事なことは行動すること、実行すること。今の時代これが全ての様に思います。

年末のこの時期は、お客様あっての自分そして大成ハウジング富山であることを改めて強く感じることのできる貴重な時期。毎日毎日を特に大切にしたいものです。

学生さんがパルコンの現場を見学。

今日は、建築の勉強をされている学生さんにパルコンの現場を見学して頂きました。

池田が入社して以来、建築やインテリアコーディネーターの勉強をされている学生さん達のお相手を何回かさせて頂いておりますが、いつも思うことは学生さんたちの向上心やパワーにはいつも刺激されますね。

今日パルコンを見学して頂いた学生さんからも、とにかく現場に足を運んで見てみること、貪欲に知識を吸収して学ぶことの重要性を改めて教えられましたね。
有難うございました。

A様、パルコンの見学はどうでしたか。勉強の一助になれば幸いです。
建築の勉強、仕事を通していずれは世のため人のために貢献される社会人になられることを切に願っております。
それにしても、私のお客様のことを知っておられるとは驚きでした。
世間は本当に狭いものですねぇ~。


中嶋工芸社さん。

先日、家具製作の中嶋工芸社さんの工場を見学させて頂きました。

工場見学1 工場見学2
















家具製作工場の見学は本当に面白いし、勉強になりますね。
普段、自分たちが使っているテーブルや椅子、本棚などがどのようにつくられていくかの工程を生でみることができますし、いろんな材料をその特長とともにみることができます。

この日同行してもらった協力業者さんの川尻さんいわく「中嶋工芸社さんの職人さん達は非常にプロ意識が強い人達」とのこと。

たしかに、中嶋社長さんとお話しさせて頂きましたが、その会話の中にもプロ意識が感じられましたし、工場の職人さん達からも図面をもとに真剣に奮闘されている様子が感じられました。
プロ意識をもって仕事に打ち込んでいる人のお話を聞いたり、仕事している姿をみるのはやはり刺激になりますね。

工場見学3 工場見学4

















話は少し横にそれますが、池田がいつも行く美容院のスタッフさんでマッサージが本当に上手な方がおられます。美容院ではマッサージはどちらかというとサービス的な要素だと思いますが、そのマッサージにもいつも真剣にしてくれているのが分かりますし、仕事に対する姿勢やプロ意識の強さが感じられますね。いつも感心しているところです。


私たちもお客様に喜んで頂けるように、プロ意識を高めるべく日々精進しなければなりませんね。

この日は本当にいい刺激をもらいました。川尻さん、中嶋さん有難うございました。

ご紹介。

今日は、パルコンオーナーのO様からご紹介を頂いたお客様宅へ岡田さんと現地調査に行ってきました。

お客様をご紹介頂けるということは本当に有り難いことで、やはり仕事のやりがいにつながりますね。

ご紹介を頂ける秘訣は?と考えたところでなかなか答えがないのが実際のところで、常日頃から、地道にお客様の元に通って、お客様のお困りごとを解決したり、お客様の悩み事をお聴きしたり、時にはお客様のご不満なところをお聴きすることが重要だと思います。

そしたら後は、タイミングの話だけで、その時「パルコンに相談したら・・」と言って頂けるか、それとも「パルコンはダメだから、他の会社に相談したら・・」と言われてしまうか。
結果論としてどちらになるかは常日頃のお付き合いの仕方一つだと思います。

今回ご紹介を頂いたO様からも以前お叱りを頂いてお話をじっくり聴かせて頂いたことがあります。
O様の思い、当社に期待されること、当社の対応などじっくりお聴き致しました。

お客様は皆さん怒りたくて怒っておられる訳ではないんですよね。誰でも怒るのは嫌なものです。お客様のお話に真摯に耳を傾けますとそれが良くわかります。お叱りを頂戴したら(もちろん頂戴しなければそれはそれで良いと思いますが・・)じっくりお聴きすること、言い訳がましいことを言わないこと、どうすればお客様の思いにお応えできるか真剣に考えて実行することが非常に大切だと思います。

池田個人もまだまだお客様の思いにお応えできたと決して胸を張れるわけではないレベルですが、日々愚直に精進しなければならないとおもっているところです。

それにしても、今回のご紹介本当に嬉しかったです。
O様有難うございました。
また近いうちご自宅に遊びに行かせて頂きます。今後とも宜しくお願い致します。

歓送迎会。

昨日は、歓送迎会でした。
会場は去年の忘年会同様、今回もパルコンオーナーのK様がされている割烹丸屋さんでお世話になりました。
旬の食材をつかったこだわりの料理本当に美味しかったです。K様有難うございました。今後とも宜しくお願い致します。

歓送迎会1

















今回の歓送迎会の主役は3人。
先ずは、この度私たちの新しい仲間となった岡田さん。
お客様にご満足、感動頂けるように今後一緒になって頑張りたいですね。
岡田さん、これから宜しくお願いしますね。

歓送迎会2
















残りの二人の主役はこの度退社されることとなった中村さんと土肥さん。
お二人とも長年に渡りお客様のため、当社のために頑張って頂きました。心から感謝したいと思います。有難うございました。
これからお二人とも第2の人生を歩まれるわけですが、第2の人生が中村さん、土肥さんにとって素晴らしく充実したものとなるように心から祈念いたしております。

歓送迎会3 歓送迎会4
















また、いつでも会社に遊びに来てくださいね。
長い間のお勤めご苦労様でした。

歓送迎会5

防災訓練。

今日は、当社があります牛島本町2丁目町内会さんの地震を想定した町内避難訓練に参加させて頂きました。

午前10:00に富山市南部を震源とするM7.8、震度6の地震が発生したという想定シナリオのもと、先ずは一次避難場所に避難しました。

一次避難場所に着きますと町内会の皆さんがぞくぞくと集合されていました。
池田も大成ヘルメットを装着し、ラジオ持参で集合場所に避難しました。
そこで、1回目の点呼が行われ、そこからグループごとに分かれて二次避難場所へ移動。そして2回目の点呼。

二次避難場所へ移動しながら改めて感じたことは、この電柱、電線は危ないんじゃないか、今日みたいに雨が降っていたら漏電の危険があるな、このブロック塀は大丈夫かな?地震が起きたら信号機もとまるかな、そしたら車道は危ないな、津波が来たらどこに逃げるか(ちなみに牛島本町は海抜6.2mとのことです)、などなどです。普段何気なく歩いているところでもいろいろと気付かされますね。

また、地震をはじめとする災害は前触れも無く突然おこりますから、日頃から避難場所やルートを確認しておくことは非常に大切ですね。

池田は防災訓練には今回はじめて参加したわけですが、日頃からの備えの重要性を改めて認識いたしました。

まもなく、東日本大震災発生から1年4ヶ月経つわけですが、この未曾有の大災害の教訓を日々の生活の中に活かして行く事が重要ですよね。

防災訓練

平成24年度安全大会。

昨日、呉羽ハイツさんにて行われた大成ハウジング富山安全衛生環境協力会平成24年度安全大会に出席致しました。
今月は全国安全週間の準備月間となっておりますが、7月1日から7日までが本週間となっております。
今年の全国安全週間スローガンは「ルールを守る安全職場 みんなで目指すゼロ災害」です。

安全大会2012.1
















全国安全週間の趣旨説明によりますと、全国安全週間は昭和3年にはじめて実施されて以来今年で85回目を迎えるそうです。
労働災害により亡くなられた方は長期的には減少しているとのことですが、平成23年は2,000人を超えており、震災を原因として亡くなられた方以外でも1,000人を超える尊い命が労働の場で失われているとのこと。
また、産業構造の変化により、製造業や建設業の労働災害に占める割合が減少し、小売業、社会福祉施設等の労働災害の占める割合が増加しているようです。

今回、労働災害の現状を聞いて労働災害防止の強化の必要性を改めて強く感じました。

安全大会2012.2 安全大会2012.3 安全大会 2012.4 安全大会2012.5














大会の最後には正栄工業の石元さんに安全宣言をして頂き、今年度の安全大会は閉会しました。
幸い、当社では協力会の会員の皆さんの努力もあって無事故・無災害を継続中ですが、当社の安川社長も話されていたとおり「災害は忘れた頃にやってくる」との認識を強くもって日々の仕事に取り組まなければなりませんね。
安全活動について深く考えさせられた非常に有意義な大会でした。

安全大会2012.6 安全大会2012.7
















安全大会に続いて行われた災害防止協議会では、当社の安全管理者として安全活動を啓発されてきた中村部長に感謝状と花束が贈呈されました。どうやらサプライズだったようですね。
中村部長は来月で当社を退職されるわけですが、長年にわたり当社の安全活動にご尽力頂きました。中村部長、安全管理者としての活動ご苦労様でした。

安全大会2012.8 安全大会2012.9

強い地盤をつくりましょう。

今日は、御契約客のN様のお宅に伺って地盤の調査をさせて頂きました。

いくら建物を地震など災害に強いものにしてもそれを支える地盤が不安だと意味がありませんよね。
安全、安心な住まいの実現には見えないところほど気をつける必要があります。


一般的に地盤が不安だと以下のようなリスクが考えられます。

①不同沈下・・地下の地層の不具合により、建物が傾いてしまうこと

②土砂災害・・大雨や地震で、傾斜地や造成地におこる災害

③地震の揺れ・・軟弱地盤では地震の揺れが増幅することがある

④液状化現象・・地震時に、砂質の地盤で起こる

このようなリスクを避けるために家づくりをご計画の際にはしっかりとした地盤調査を行い、必要ならば地盤改良工事をして強い地盤をつくり、その上に強い家を建てることをおすすめします。

地盤の調査1 地盤の調査2



チームとやまし。

今年もチームとやましのCO₂削減量の活動状況報告の時期がやってまいりました。

当社は平成21年度からチームとやましに参加させて頂いておりますが、チームとやましの活動状況はスタートから累計13067tのCO₂削減、登録チーム数345チーム、チーム員数20303名とのことです。
毎年確実に参加チームも増えているようですし、手軽にできる地球温暖化防止行動としてチームとやましの活動がさらに広がっていけばいいなぁ~と思っている今日この頃です。

今年は、去年と同じく節電の夏になりそうですし、来月6月20日から3日間ブラジルのリオデジャネイロで国連持続可能な開発会議(リオ+20)が開催されることもあり、エネルギーや環境について今一度真剣に考えねばならない年のようですね。

チームとやましの活動を通じて今一度環境やエネルギー、地球温暖化防止などを考えるきっかけにしたいものです。

ちなみに、チームとやまし参加にあたって当社は下記の内容にて行動項目を定めています。

① 事務所内の室温を夏28℃、冬20℃に設定します。
② 節電、節水を常時心がけます。
③ 事務所内での紙使用量削減に取り組みます。
④ エコドライブに積極的に取り組みます。相乗り移動を心がけます。

今年に入ってからは昼休憩時の事務所内の消灯が徹底されてきたように思います。
大変喜ばしいことだと思いますし、これからも残りの項目に積極的に取り組みたいと考えております。

チームとやまし

春の地鎮祭。

先日、今月からパルコン新築工事をさせて頂きますお施主様の地鎮祭に参加させて頂きました。
地鎮祭に参加させて頂きますといつも身が引き締まる思いが致しますし、「お客様のために一生懸命がんばろう」と決意を新たにできます。
今週にはもう1件のお施主様宅での地鎮祭も予定されていますが3月は天候が回復基調にあることからしても着工が増えやすい時期ですね。


住宅の着工に関しては1年を通して3つのボリュームゾーンがあるように思います。

具体的に申しますと、雪解けを待って天候が回復してくる3月、4月着工がはじめのボリュームゾーン。この場合は7月、8月頃の建物完成を予定します。お盆前にはご入居できるといったスケジュールです。

次のボリュームゾーンは7月~9月はじめ頃の着工。この場合は11月、12月頃の建物完成、年内入居といった感じでしょうか。住宅ローン減税など期限が定められている関係でその年の入居をご希望されるケースは多いですね。

3つ目のボリュームゾーンは10月、11月頃の着工。この場合は年内には屋根まで上棟して年が明けてからは建物内部の工事、3月頃には建物完成、ご入居といった感じです。お子様の進級、進学などに合わせる場合が多いようです。

家づくりを考えられる際にはご自分たちがいつ頃ご入居されたいかをご家族で予めお話しされて、そこから逆算してスケジュールを組まれたら良いかと思います。

予定工期については各社様々だと思いますので展示場見学などをされた際の質問事項の一つとしてご質問されたらよいかと思います(ちなみに、パルコンの場合は2階建、3階建ともに着工から建物完成まで4~5ヶ月の工期を頂いております)。

地鎮祭

平成24年安全衛生環境協力会総会・安全衛生環境管理徹底大会。

昨日、毎年恒例の大成ハウジング富山安全衛生環境協力会総会・安全衛生環境管理徹底大会に池田も参加させて頂きました。

大成ハウジング富山安全衛生環境協力会(協力会会員39社)では、毎月災害防止協議会や安全パトロールを実施して日々、事故・災害の撲滅、第三者災害の防止、安全衛生水準の向上に努められているわけですが、一年を通して一番大きなイベントが今回の安全衛生環境協力会総会・安全衛生環境管理徹底大会です。

安全衛生環境協力会総会・安全衛生環境管理徹底大会1 安全衛生環境協力会総会・安全衛生環境管理徹底大会2 安全衛生環境協力会総会・安全衛生環境管理徹底大会3

















総会開会にあたり、大成ハウジング富山安全衛生環境協力会秋山会長がご挨拶されました。

思えば、弊社の現場で無事故・無災害を継続していられるのは秋山会長はじめ協力会会員の皆さんが安全に対する高い意識をもって日々仕事をされている賜物だと思います。この点に関しては本当に有り難く感謝の思いで一杯です。

安全衛生環境協力会総会・安全衛生環境管理徹底大会4 安全衛生環境協力会総会・安全衛生環境管理徹底大会5














総会では毎年新入会員の紹介が行われますが、今年は塗装工事業ニチエイさんの谷岡さんが紹介されました。
ニチエイさんには以前からも活躍してもらっていたわけですが、晴れて(?)弊社協力会の会員となられました。
谷岡さん、これからも良い工事お願いしますね。お客様に喜んで頂けるようにともに頑張りましょう!

安全衛生環境協力会総会・安全衛生環境管理徹底大会6
















総会に引き続き安全衛生環境管理徹底大会がおこなわれました。

冒頭の弊社安川社長のご挨拶からはじまって、安全功労賞と精勤賞の表彰式がおこなわれました。
今年の安全功労賞は協力会の前副会長もして頂きました篠川電設工業の岡野さんでした。
精勤賞は北川瀝青工業さん、カナオカ建工さん、エクステリア喜多野さん、森崎さん、ヒヨシさん、ふたわ内装さん。皆さんおめでとうございました。今後とも宜しくお願いしますね。

安全衛生環境協力会総会・安全衛生環境管理徹底大会7 安全衛生環境協力会総会・安全衛生環境管理徹底大会8 安全衛生環境協力会総会・安全衛生環境管理徹底大会9















表彰式に続きまして2012年大成建設ハウジング本部基本方針など、安全衛生環境管理方針書を使って説明をされる建築部の北部長。

安全衛生環境協力会総会・安全衛生環境管理徹底大会10















安全衛生環境管理徹底大会の最後には秋山会長に決意表明をして頂きました。

安全衛生環境協力会総会・安全衛生環境管理徹底大会11 安全衛生環境協力会総会・安全衛生環境管理徹底大会12
















今回協力会社さんとは会場となった呉羽ハイツさんにて夜遅くまで色んなことを語り合ったわけですが、当社はレベルの高い協力会社さんに支えられていると改めて思いました。パルコンの現場の最前線にたって仕事にあたるのは弊社の現場担当者と今回総会に出席された協力会社の皆さんでありますが、池田個人的にはレベルの高い素晴らしい業者さんが揃っていると自負しているところです。
質の高い住宅は、間違いなく弊社社員と協力会社さんが一体となって(そのチームワークが発揮されて)はじめて実現できるものだと思います。

弊社の鉄筋コンクリート住宅パルコンが目指すところは(これはパルコン開発以来一貫してかわらないものでありますが)、「災害に強い」「歳月に強い」「環境に強い」家を日本の家のスタンダードにしたい、ということです。

地震大国日本で災害に徹底的に強い家をつくりたい、過去うさぎ小屋と外国から揶揄された日本の住宅ですが、とにかく長持ちする長寿命の家をつくりたい、快適な室内環境や地球環境に優しい家をつくりたい。

この不変のビジョン実現のために、協力会社の皆様におかれましては今後とも変わらぬお力添えをお願いしたいと思います。今後とも良いお付き合いをお願い致します。
安全衛生環境協力会総会・安全衛生環境管理徹底大会とお疲れ様でした。

平成23年忘年会。

先日、毎年恒例の弊社社員会の忘年会をいたしました。

今年の忘年会は射水市立町の割烹丸屋さんにお世話になりました。
割烹丸屋さんは先月にパルコンの新築工事をご契約いただきましたK様のご両親がされているお店ということもあってこういうご縁がきっかけで忘年会をさせて頂きました。

丸屋さんのご主人様が弊社コーディネーターの土肥さんと話をされているのを横で聞いておりましたが、ご主人様がいわれた言葉がとても印象的でしたね。
「土肥さんとは長い付き合いだからね~もう15年くらいか・・」。
K様からは土肥さんの紹介で今回のご縁を頂けたわけですが、きっと土肥さんはK様ご家族といいお付き合いしてきたんだろうなぁ~と感心すると同時に、改めて人と人のつながりの強さというものを感じましたね。

先日、積水ハウスさんの元営業マンとして有名な田中敏則さんが書かれた「営業の手帳」という本を読みましたが、その中に、「紹介は会社に対してされるのではなく、人に対してされるものです」との記述がありましたが、今回のご縁はまさにこの通りだなぁ~とつくづく思いました。

今年の世相を表す漢字は「絆」とのことですが、今回頂いたご縁を大切にして、K様ご家族との絆を強めていけるように社員みんなで頑張りましょう。そして、K様ご家族の期待にお応えしましょう!



今回の忘年会はお腹一杯になりました。
特にカニが食べ応えがあって美味しかったですね。
良かったら是非割烹丸屋さんに足を運んで見てくださいね。

平成23年忘年会














【割烹丸屋さんの情報】
住所:射水市立町3-15
℡ :0766-84-6123

「自分の家を建てるような気持ちでやって欲しい」。

これは、ご契約頂きましたお客様のご両親様にご挨拶にお伺いさせて頂いたときにお父様がおっしゃった言葉です。
非常に重い言葉であると感じたと同時に快適で良い家になる様一生懸命頑張ろうという非常に前向きな気持ちになりました。

また、このお父様の言葉から以前参加したセミナーで聞いたある話を思い出しました。
それは、東京ディズニーランドで長く勤務された経験のある加賀屋感動ストアーマネジメントの代表加賀屋克美さんの話です。

東京ディズニーランドやディズニーシーに行かれたことのある方はお分かり頂けると思いますが、園内で働くスタッフの方々の笑顔や接客態度などはとても素晴らしいですよね。
加賀屋さんのお話では、ああいった笑顔や接客態度は自分の家族や親しい友人、知人が遊びに来たときに自然とでる笑顔や接客態度であるそうです。自然と出来るのがポイントですかね。
ディズニーランドやディズニーシーではお客様を(ディズニー用語ではお客様をゲストと呼ぶようですが)自分の大切な家族や友人、知人が遊びにきたと思って心から歓迎しましょうといった教育が徹底してされるそうです。

この話を聞いた時には正直感動でしたね。


話を戻しますが、お客様は多くの時間、資金、労力をかけられて一生に一度と言われる家づくりをなされます。このご家族内のビッグイベントをお手伝いさせて頂くのが私たちの仕事です。
私たちは、お客様の信頼を絶対に裏切ってはいけません。
お客様の信頼をいただく為には意識と行動が絶対に必要ですが、こういった意識、行動を貫くものとして「自分の家を建てるような気持ちで(意識)家づくりをお手伝いする(行動)」ということは非常に大切なことではないかな、と強く感じます。

自分のことの様に考えて行動する。

この日は、仕事の取り組み方の本質を教えて頂いたような気が致しました。

オーナー様宅の建物案内。

先日、ご契約頂きましたH様がご契約前におっしゃった一言がとても印象的でした。
「この前のお宅(オーナー様宅)見せてもらって本当に良かった」。

パルコンをご契約頂く前やご契約頂いた後にオーナー様宅をご案内させて頂くことがありますが、そのときいつも感じるのはオーナー様の一言の強さです。

家づくりは楽しいと同時に悩みや不安も多いのが普通ですよね。
この会社に任せて本当に大丈夫か、建てた後のメンテナンス体制はどうか、このプランや資金計画で本当に大丈夫か、など色々有るかと思います。
もちろん、そのような悩みや不安を一緒に解決させて頂くのが私たちの重要な役目であるわけですが、似たような条件でパルコンをお建て頂いたオーナー様の体験談を聴かれることはこれから家づくりをはじめられるお客様にとってはご納得頂くうえでかなり重要なプロセスであると思います。

そして、オーナー様からパルコンに対して高評価をいただく為には当然パルコンにご満足いただく事がスタートなわけで、そのためには信頼関係の構築、継続が絶対に必要です。
オーナー様との信頼関係の構築、継続はこれからの住宅産業にとっては企業にとっての生命線になることは間違いないでしょう。
ただ、信頼関係の構築、継続と一言でいっても当然一朝一夕でできるわけではありませんので日頃の地道な活動の積み重ねが大事ですね。ローマは一日にしてならず。

ちょうど今月は年末のご挨拶回りシーズンです。
今年もスタッフ全員で2012年カレンダーを持ってオーナー様はじめ、今年お世話になった方々へ感謝の思いを伝えに行きましょう。

2012年カレンダー
















パルコンオーナーのK様へ

先日は、突然のアポイントにも関わらず快く応じてくださり有難うございました。
今後とも良いお付き合いの程宜しくお願い致します。

H様へ

先日はご契約頂きまして有難うございました。
H様の住まいが快適で住み継げる価値ある住宅となるよう弊社スタッフ一生懸命頑張りますのでこれからも宜しくお願い致します。

健康診断。

昨日は毎年恒例の健康診断の日で、今年も富山市医師会、健康管理センターさんでお世話になりました。

この日の朝礼で、横山さんが健康管理、ウォーキングについてスピーチされましたが、最近何かと運動不足が気になっている池田です。横山さんのスピーチによりますと1日8,000歩から10,000歩くのが理想のようで、10分+10分など細切れのウォーキングでも効果があるようです。
今日はパルコンウォーキング部の活動には参加できませんでしたが、近いうちに入部してウォーキング活動を開始したいと思っているところです。

横山さんのスピーチと健康診断の受診で改めて運動することの大切さを感じましたね。
まずは実践あるのみですね。

健康管理センターさん
















また、この日はケーシーシーさんが発行されている「家づくりナビ春号」の取材がとやま展示場でありました。
「家づくりナビ春号」は来月末に書店やコンビニに並ぶと思いますのでご覧頂けたらと思います。

飯塚さん、いつもこまめに通って頂いて有難うございます。これからも宜しくお願いしますね。
團野編集長さん、司馬遼太郎さんお好きなんですね。池田おすすめの司馬遼太郎さんの「峠」是非読んでみてください。長岡藩家老、河井継之助の生き様が本当に格好いいですから・・。また、どこかで語り合いましょう。

現場確認と耐震診断現地調査。

昨日は、高岡市内で現在パルコンを工事させて頂いているN様邸の現場確認と同じく高岡市内で築34年のパルコンの耐震診断現地調査をさせて頂きました。

N様邸です。

現場確認
















建て方工事が終了し、サッシも取り付けられ、現在は防水工事中でありました。
日に日に完成に近づいていくわけですが、完成が今から本当に楽しみですね。
N様におかれましては、良い家づくりとなります様、これからも弊社スタッフ一生懸命お手伝いさせて頂きたいと思っておりますので今後とも良いお付き合いの程宜しくお願い致します。



現場確認の後、耐震診断の現地調査に同行しました。

今回、耐震診断のご依頼を頂いたオーナー様宅は昭和52年建築ですので私と同年齢(池田は昭和52年生まれの34歳)のパルコンということになります。
それにしても、34年経過しても本当にしっかりしてますね。オーナー様が愛着を持たれてしっかりメンテナンスされていたのがよく分かります。やっぱりパルコンはすごいなぁ~と改めて感じたこの日の現地調査でした。

現地調査の様子です。基礎まわりのレベルを図る西中さんと菅原さん。

耐震診断現地調査1
















開口部の寸法確認をする西中さんと菅原さん。

耐震診断現地調査2

三芝硝材さん。

先日、お施主様のY様と高岡市の岩坪工業団地にある三芝硝材さんに合わせガラス製品の打ち合わせに行って参りました。

打合せのあと、ガラスの製造工場を一通り見学させてもらいましたが、個人的にはガラスの製造工場の見学は初めてで見るもの全てが新鮮で感動的でした。

工場見学で色々と説明してもらった後、頂いたカタログを拝見しましたが、合わせガラスの技術は素晴らしく、世界最大の規模を誇るオートクレーブ(加圧加温接着炉)により、世界最大級の建築用合わせガラスの生産が可能とのことです。

この日は、日本の(もっといえば地元富山県の)物づくり技術のレベルの高さを生で実感できた1日でした。

増山部長、宮崎さん、田屋さんどうも有難うございました。今後とも宜しくお願い致します。

三芝硝材さん1 三芝硝材さん2 三芝硝材さん3


建て方工事をさせて頂きました。

今週は、現在新築中のお施主様宅にてパルコンの建て方工事をさせて頂きました。

三重県四日市のパルコン板製造工場にて製作、養生が終了したコンクリートパネル(私たちはパルコン板と呼んでいます)が現場に続々と到着し、建て方工事が行なわれました。

記念すべき1枚目のコンクリートパネルがレッカーにて吊られている様子です。
ルームサイズの大きなコンクリートパネルがパルコンの一つの特長ですが、作業員の方と比較してもその大きさが分かります。

建て方工事1
















基礎とコンクリートパネルを一体化させる瞬間です。このように基礎と壁パネルを順番に結合させていきます。

建て方工事2 建て方工事3















2階の床や屋上はこのような床パネル(スラブ板)を壁パネルと結合させ、床パネル同士はコッターという欠きこみ部分にコッター筋という鉄筋にて結合し、充填材であるグラウト材を流し込み結合させます。写真はこのコッターに充填材であるグラウト材を流し込んだ直後を撮影したものです。

建て方工事4
















以上のようにして、基礎、壁、床をがっちりと結合させ非常に頑強な構造体をつくりあげます。

建て方工事5 建て方工事6 建て方工事7

















パルコンの構造体の強さは、過去の阪神淡路大震災や新潟中越地震においてもその強さを実証しましたし、今回の東日本大震災においても地震、火災、津波といった未曾有の大災害に対して、その力を発揮して乗り越えました。

地震、火災、津波を乗り越えたパルコンの勇姿を写真や動画で見たときは正直胸が熱くなり感動したものです。やっぱりパルコンは強い!そして何より、そのパルコンをシェルターとして助かられたオーナー様方のコメントをみると自分たちが日々仕事で関わっている鉄筋コンクリート住宅パルコンを改めて誇りに思った社員はおそらく多かったことだろうと思います。

今回の建て方工事を現場で見ながら、地震大国日本で鉄筋コンクリート住宅パルコンの果たすべき役割、それに携わる私たちの使命感を強く再認識したところです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。