スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

安全大会 災害防止協議会。

今日は市町村会館で開かれた大成ハウジング富山安全衛生環境協力会「第33回安全大会と災害防止協議会」に参加させて頂きました。

安全大会 災害防止協議会 安全大会 災害防止協議会2
















明日から7月7日までは平成23年度全国安全週間となっています。
今年のスローガンは「安全は、家族の願い 企業の礎 創ろう元気な日本!」です。
今回の安全大会にて改めて現場作業時などの安全について協力企業の方と意識共有を図ったわけですが、昨年は熱中症による労働災害が多かったようで、今回はビデオ含め、熱中症防止について多くの時間がさかれました。

今日も暑かったですが、協力企業の皆様にはくれぐれも熱中症には気をつけて頂きたいと思います。
協力企業の方、弊社のスタッフいずれもが、心身ともに健康を目指し、お互い協力し合って活力ある元気な現場をつくって、結果としてお客様に喜んでもらいましょう。

今回の安全大会では日頃の健康管理のグッズとして万歩計が配られました。池田も一つ頂きましたが、日頃の健康管理が大切なんだなぁと改めて感じたところです。

暑い夏が来ますが、是非みんなでのりきりましょう。協力企業の皆様、毎日の暑い中の仕事ご苦労様です!

万歩計







スポンサーサイト

祝 世界遺産登録『小笠原諸島と平泉』。

先日の小笠原諸島の世界自然遺産登録に続き、ユネスコ(国連教育科学文化機関)により平泉(岩手県平泉町)の文化遺産が世界文化遺産に登録されました。今朝の北日本新聞の一面には平泉の世界遺産登録のニュースが大きくとりあげられていました。

平泉の文化遺産は奥州藤原氏が浄土思想に基づき戦争のない理想郷をつくりたい、との思いを込めて作り上げた素晴らしい都市です。
以前、池田は平泉に行って寺院や遺跡を見学してきましたが、本当に素晴らしものばかりでした。平泉は争いの無い世をつくりたいという思い、この世に生きるものは皆平等であるという浄土思想が一貫して感じられる場所です。
特に中尊寺の金色堂はその代表的な場所で藤原清衡が活躍した時代にタイムスリップしたかのような感覚を今でも覚えています。


世界遺産には、大きく分けて ①自然遺産(今回登録された小笠原諸島など)、②文化遺産(平泉の文化遺産など)、③複合遺産(自然遺産、文化遺産双方の価値をもつもの、ちなみに有名なものとしては、ペルーのマチュ・ピチュやトルコのパムッカレ、カッパドキアなどがあります)の3つに分類されるそうです。


今回の、小笠原諸島と平泉が登録されたことで、日本の世界遺産は自然遺産4件、文化遺産12件の計16件となりました。
日本の世界遺産については下記のサイトが分かりやすくて面白かったので紹介してみました。よかったら見てみてくださいね。

日本の世界遺産




東日本大地震で被災した東北の地からこのタイミングで世界遺産登録がされたのはなんか感慨深いものがありますね。

平泉を開いた藤原清衡は敵味方問わず戦争で亡くなった人たちを供養するため(みんな極楽浄土に行けるように)、みんな平等で争いのない理想郷建設のため、平泉の都市づくりをはじめたかと思いますが、今回の大震災と何か似通っているところが多数あるように思えてなりません。

今回の世界遺産登録を契機として、藤原清衡はじめ奥州藤原氏がその基本理念にむかって力強く邁進したのと同じように、東北地方の皆さんの力強い復興を心から期待したいものですね。必ずできますよ!

祝 世界遺産登録

つながり。

最近「つながり」ということについて改めて考えさせられることが二つありました。


まずは、このブログにコメントを下さったパルコンオーナーのT様の次のような言葉。

『建設後もこのように、・・・・オーナーとメーカーの方とが、何らかのつながりを持って接する機会が度々あり、「大手住宅メーカーを選んで良かった」と、実感している今日この頃です。』

オーナー様はパルコンに対して評価して頂いてお建て頂いているのはもちろんだと思いますが、それと同時に建てたあとのアフターサービスなどを通じての「つながり 」に期待して弊社を選んでいただいているのだと思います。

わたくしごとですが、昨日も自宅の夫婦の会話の流れで「なんで今の住宅の仕事を選んでしているの?」と嫁から質問を受けましたが、改めて考えてみますと、やはり住宅という仕事を通じていろんな方々とつながっていられるからかな、と思っているところです。
少し哲学的になりますが、「人は人とのつながりをもって生きる喜びを見出しているんだ」と感じているところです。



また、先日射水市のオーナー様宅にお伺いさせて頂きましたが、そのとにきご主人様がおっしゃられた言葉が非常に印象的で「つながり」を感じさせてもらえる言葉でした。

「パルコンさんは素晴らしい会社やね。昔から付き合っている石元さんや堂口さんが今でもしっかりフォローしてくれる。長く社員を大事にしているのは素晴らしい。」

顧客サービス部の石元さんも堂口さんも長年にわたり、お客様のため、弊社のためにご尽力頂いております。
オーナー様とお話ししていますと「石元さん、元気にしとる?」「堂口さんによろしく。」などいわれることが本当によくあることです。

長年にわたり、お客様とのつながりを大事にして日々の仕事をしておられたのがよく分かります。
(当然、このつながりをわたしたちがしっかり引き継いでいかなければならないのは言うまでもありませんが)

社員を雇い続けることは会計的にみれば確かにコストかもしれません。しかしながら、その社員一人がお客様と共に長年にわたり築きあげてきた「つながり」は弊社にとっては一番重要な財産だと思います。
経済情勢がめまぐるしくかわる今日ではとくにこのように強く感じます。

「人材は人財」とよくいわれることですが、まさにその通りで、社員の給料は単なる人件費というコストではなく、今までに築きあげてきた会社の財産を守り、維持、さらに強化していくための未来への必要な投資、という考え方が大切だと思います。

また、日本のように成熟した社会ではたいていの商品が差別化しにくくなってくるのが普通だろうと思いますので、その意味でも会社存続、成長、発展、飛躍の鍵をにぎるのは間違いなく商品ではなく人でしょうね。


今回は「つながり」ということについて書いてみましたが、家族、社員、お客様、業者さんなどいろんなつながりがあると思いますが、こういう基本をまずは一番に大切にしたいと思っている今日この頃です。

リニューアルとやま展示場




夏の節電。

今日は暑かったですね。外回りから帰ってきて事務所の中に入ると、窓全開で仕事に取り組んでいる社員の姿がそこにありました。
事務所は3階部分にありますが、今日は風もなかなか入ってこなくて、事務所全体がもわっーとしていました。こういうときはこまめな水分補給も必要ですね。金山さんはそこらへんを分かっておられるようで、ドリンク剤を飲んで頑張っていました。


節電というキーワードが連日、新聞紙面やニュースでとりざたされていますが、無理して頑張って逆に脱水症状などをおこして体調を崩しては元も子もないですので、何事もそうだと思いますが、やりすぎはいけませんね。


節電をするにしてもやはり指針や目安が必要だろうと思います。
具体的にどんなことをすれば、節電として有効なのか、というところが多くの人の関心事ではないかな、と思います。

このような具体的な節電方法については下記のサイトが非常に参考になると思いますので良かったら参考にしてみてくださいね。みんなで今年の夏をのりこえましょう!



夏の節電







それにしても、広貫堂さんが当社社屋内に設置してくれている配置薬ならぬ配置冷蔵庫内のドリンク達は今年の夏には大活躍しそうであります。いつもこまめに補充してくれている広貫堂さんには感謝の一言です。有難うございます!

オーナー様訪問 その26 『外壁塗装工事と屋上防水工事』

今日は、外壁塗装工事と屋上防水工事のお仕事をさせて頂いておりますK様邸に現場確認に行ってまいりました。

K様からは現在の工事の前にはマンションのリフォーム工事もさせて頂きましてご縁の有り難さを非常に実感しているところであります。
ご信頼頂いて再度お仕事を頂けることは間違いなく私たちの誇りですし、このご信頼にお応えすべく良い工事をしなければなりませんね。

K様には是非息子様ご夫婦、もっといえばお孫さんご夫婦までパルコンを住み継いで頂きたいと思っています(K様も同じお考えだとは思いますが・・)。「住み継ぐからコンクリート」です。

今回の一連のお仕事につきまして弊社をご信頼頂いてお仕事をくださったK様には改めて御礼申し上げます。有難うございます。



今日は、K様もちょうどご在宅中でパルコンうちわを差し上げると非常に喜んで頂けました。
工事中の状況についておききすると「業者さん、よくやってくれているよ」とお褒めの言葉を頂きましたが、素直にお褒め頂くとやっぱり嬉しいもんですね。

K様邸の写真です。
2枚目の写真は屋上にあがって撮影したものですが、K様邸の屋上からは北陸新幹線の工事現場がよく見えます。

K様邸 屋上
















北陸新幹線の工事現場を撮影してみました。

北陸新幹線工事1 北陸新幹線工事2
















会社の屋上から毎日新幹線の工事現場をみている池田ですが、だんだん形になってきましたね。
先日の新聞にも富山駅前の再開発や西町周辺の再開発の記事が出ていたかと思いますが、北陸新幹線開業に合わせて、富山市のコンパクトシティ化構想が着々と進んでいるように感じます。
コンパクトシティは都市計画における非常に有効で重要な温暖化対策だと思いますので確実に計画を推し進めて欲しいものであります。

ちなみに、私の住む高岡市ではこの度、金沢市や高山市とおなじように歴史都市としての認定を受けたので、今後は文化財の保護をはじめとする魅力ある街づくりに取り組むことになると思いますが、その街その街でそれぞれの個性を最大限に発揮していけば、総合的には街を超えた非常に魅力ある地域に発展していくと思います。今後のそれぞれの街づくりに是非期待したいところであります。




オーナー様訪問 その25 『太陽光発電システム設置完了』

太陽光発電システム設置工事のお仕事を頂きましたI様邸ですが、このたび無事工事が完了いたしました。
今日は、太陽光発電システム設置工事の最終工程の写真をUPいたしました。

太陽電池モジュールを架台に設置中の写真です。

太陽電池モジュール 架台に取り付け
















太陽電池モジュールの下をのぞいてみると、モジュールがのる架台と予めつくっておいたPC基礎をアンカーボルトで結合してあります。
風などであおられたりしては大変ですから、傾斜角度や基礎との結合は太陽光発電システム設置工事については非常に重要なポイントです。

架台基礎 架台基礎2
















太陽電池モジュールの役割は、太陽の光で電気をつくるわけですが、この発電された電力(直流)を家庭で使える電力(交流)に変換するのがパワーコンディショナです。中央の弁当箱のようなものがそれです。
太陽電池モジュールで発電→パワーコンディショナで家庭で使える電力に変換→分電盤から各部屋に電力を供給、あとは電力計にて売る電力と買う電力を計測、と太陽光発電システムのしくみは単純化するとこのようなしくみになっております。

パワーコンディショナ
















今年の夏は全国的に電力不足がさけばれておりますが、今回I様邸に搭載された太陽光発電システムの夏本番での健闘を期待したいものです。I様も同じような思いだそうです。太陽光発電とパルコンうちわでぜひ夏を乗り切ってください!

I様邸




日本でいちばん大切にしたい会社。

一昨日、昨日と久しぶりの連休でした。

先日お伺いしたM様邸の奥様が一生懸命、庭の草刈をしておられる姿をみまして、「そろそろ我が家でも・・」ということでこの連休に草刈ならびに側溝掃除にふみきりました。

今回は伏木のコメリにて、鍬のように草を根こそぎとることができる新兵器の鎌を購入して草刈に望んだ池田ですが、その新兵器の破壊力は素晴らしく、例年の半分くらいの時間で終了しました。普通の鎌だったら、腰を曲げて草刈するため、終わってみると「腰が痛い・・」ということになりがちですが、今回の新兵器は見た目が鍬ですので、腰を曲げずにどんどん刈れました。
いやぁ~ありがたかったです。

今月の懸案事項であった草刈と側溝掃除をすませることができてほっとしている池田です。


さて、毎度毎度のことで話はがらっとかわりますが、この連休中は非常に素晴らしい感動する本に出会いました。
その本の名は「日本でいちばん大切にしたい会社」(あさ出版)です。
著者は法政大学大学院の教授である坂本光司さんです。
以前から話題になっていた本で、いつか時間ができたら読んでみようと購入してあったものを今回の連休でようやく読むことができました。

私の第一印象は日本版ビジョナリーカンパニーといった感じでした。
ただ、コリンズ著のビジョナリーカンパニーと明らかにちがっていたのは、ビジョナリカンパニーの中で紹介・分析されている企業は、GE、ソニー、スリーエム、ウォルトディズニー、ウォルマートなどの大企業であるのに対して、「日本でいちばん大切にしたい会社」で紹介されている企業は全て中小企業です。
日本にはこんなに素晴らしい中小企業があるんだと気づかされました。

この本に紹介されている各社のエピソードは正直感動しますし、涙さそうものであります。
普段当たり前のように毎日出社して働いている私たちですが、会社で「働く」ということの本当の意味を考えさせられました。
また、「会社は誰のためにあるのか?」という問いに対しての著者である坂本先生の考えも素晴らしいと思います。

仕事に疲れたとき、お客様からクレームを頂いて落ち込んでいるとき、ミスをして周りのスタッフに迷惑をかけてしまったとき、人間関係で悩んでいるとき、なかなか成績が上がらないとき、なんだか体調がかんばしくないとき、など働いているといろんなことに直面しますよね。そんなときは本当におすすめなんで是非読んでみてください。きっと「働く」ということの素晴らしさや喜び、また仕事を通しての自己実現などについて改めて気づくことができると思いますよ。

日本でいちばん大切にしたい会社


オーナー様訪問 その24 『パルコンルービックキューブとパルコンぼーや』

今日は、オーナー様向け情報誌のパルライフの懸賞で見事パルコンルービックキューブを当てられたパルコンオーナーのT様邸にお伺いさせて頂きました。T様にはいつも弊社ならびにパルコンを愛して頂き、感謝の一言であります。

今回T様がゲットされたパルコンルービックキューブです。
池田ははじめて拝見しましたが、これは非常にレアなパルコングッズですね。

パルコンルービックキューブ

















現在、とやま展示場では「パルコンぼーや」の携帯ストラップをプレゼントさせて頂いておりますが、今回ルービックキューブと一緒に並べて撮影してみました。

パルコングッズ
















「ん、携帯ストラップの横に写っているパルコンぼーやのお人形さんは何?」と思われた方のため解説いたしますと、このパルコンぼーやのお人形さんは実は貯金箱でして、T様がネットオークションでゲットされたものであります。

おそらく、全国のパルコンファンの方と壮絶な戦いをされてようやく手に入れられたのではないかと推測しているところであります。

それにしても、このパルコンぼーやの表情すごくいいですね~。


T様のようにオーナー様から弊社並びにパルコンをずっーと愛していただけるよう、スタッフ一同これからも一生懸命がんばります!



パルコングッズつながりでもう一つ。
先日の新聞にもでていましたが、北陸でも今年の夏は電力不足が懸念されているようですね。
弊社でも昼休憩時間には事務所の電気を消すなど節電対策をしているところですが、これから夏本番になり、エアコンなどに頼らざるを得なくなる時期がきそうです。当然、風のある日は窓を開ければよいですが、風の無い日はキツイときもありそうです。
そこで心強いパルコングッズが「パルコンうちわ」です。

パルコンうちわ
















数が整い次第、展示場や事務所などで配布させて頂きたいと思っておりますので是非使ってみて下さいね。
みんなで、節電+エコな風で夏本番をのりきりましょう!



パルコンぼーや携帯クリーナー。

このたび、大成建設ハウジングのキャラクターの「パルコンぼーや」が携帯クリーナーになって登場です。

今日から、先着100組様にとやま展示場での来場記念品としてお渡しさせて頂きます。詳しくは展示場スタッフまでお問い合わせ下さい。

以前は、サンリオキャラクターのシナモロールがメインキャラクターでしたが、個人的には、パルコンといったらやっぱり「パルコンぼーや」じゃないかなぁ~と思っているところであります。根強い人気に後押しされ、「パルコンぼーや」が帰ってきました!

パルコンぼーや携帯クリーナー
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。