スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

安藤忠雄さんの本。

最近、安藤忠雄さんの本「安藤忠雄仕事をつくる 私の履歴書 日本経済新聞出版社」を読みました。

池田が安藤さんの作品をはじめて見学したのは高岡市にあるミュゼ福岡カメラ館ですが、コンクリート打ち放しのダイナミックな空間に感動したのを今でもはっきり覚えています。その後、司馬遼太郎記念館など見学しましたが安藤さんの魂の入った作品にはいつも圧倒されると同時に、本当に勇気づけられますね。

今回の本で非常に印象的だったのは安藤さんが「建築」や「住まい」について語られている箇所でした。

「建築とは、人間が集まって語り合う場をつくる行為にほかならないと、気付いた」
「集まりくる人々の心と心をつなぎ、感動を刻み込むのが建築の真の価値なのだ」
「住まいは人間の生活の原点であり、建築の原点ともいえる」 

いずれも素晴らしい金言ですよね。
「建築」という言葉を「住まい」に置き換えるとそのまま住宅産業に携わる我々の金言になろうかと思います。

「住まい」の仕事に携わる社会的意義について深く考えさせられた一冊でした。

安藤忠雄さんの本
スポンサーサイト

ホームページリニューアル致しました。

以前からの懸案事項だった当社のホームページをようやくリニューアルできました。

当社のホームページをご覧の皆様におかれましては、しばらく動作環境が悪い面があって何かとご迷惑をお掛けしまして申し訳ありませんでした。

ちょっと時間がかかりましたが、これでようやく一応ホームページのリニューアル作業が一段落致しました(手直し箇所はもう少しありますが・・)。

今回のリニューアルにあたって色々とご尽力頂いたネットワールドさんの順田社長さん、土居さん、竹内さんはじめ当社のホームページ製作に携わって頂いたスタッフの皆様に心より御礼申し上げます。

今回のリニューアルを契機としてより一層見ていて楽しい、ワクワクするようなホームページにしたいと考えておりますので今後とも宜しくお願い申し上げます。

中嶋工芸社さん。

先日、家具製作の中嶋工芸社さんの工場を見学させて頂きました。

工場見学1 工場見学2
















家具製作工場の見学は本当に面白いし、勉強になりますね。
普段、自分たちが使っているテーブルや椅子、本棚などがどのようにつくられていくかの工程を生でみることができますし、いろんな材料をその特長とともにみることができます。

この日同行してもらった協力業者さんの川尻さんいわく「中嶋工芸社さんの職人さん達は非常にプロ意識が強い人達」とのこと。

たしかに、中嶋社長さんとお話しさせて頂きましたが、その会話の中にもプロ意識が感じられましたし、工場の職人さん達からも図面をもとに真剣に奮闘されている様子が感じられました。
プロ意識をもって仕事に打ち込んでいる人のお話を聞いたり、仕事している姿をみるのはやはり刺激になりますね。

工場見学3 工場見学4

















話は少し横にそれますが、池田がいつも行く美容院のスタッフさんでマッサージが本当に上手な方がおられます。美容院ではマッサージはどちらかというとサービス的な要素だと思いますが、そのマッサージにもいつも真剣にしてくれているのが分かりますし、仕事に対する姿勢やプロ意識の強さが感じられますね。いつも感心しているところです。


私たちもお客様に喜んで頂けるように、プロ意識を高めるべく日々精進しなければなりませんね。

この日は本当にいい刺激をもらいました。川尻さん、中嶋さん有難うございました。

ひみ番屋街。

今月5日にオープンしたばかりの「ひみ番屋街」に行ってきました。
新聞には「オープンから3日間で10万人来場」との記事が載っていましたので、それなりに覚悟していきましたが、やっぱり大変でした。かなり混んでいましたね。

ひみ番屋街1 ひみ番屋街2
















色々見てまわろうにも子供づれということもあり、なかなか思うようには見てまわれず、結局ソフトクリームとサンドイッチとチーズバーガーをなんとか食べてこの日は終了でした。
今度は是非もう少しゆっくり見てみたいものです。

10月下旬には源泉掛け流しの天然温泉「総湯」もオープンするはずなので、次来るときは色々お店を見てまわって、温泉にはいって帰ってきたいですね。




この日は氷見昭和館館長、苦楽多みきよしさんの似顔絵コーナーを発見したので思わず撮ってみました。

ひみ番屋街3
















苦楽多みきよしさんには当社のパルコン感謝フェアに2年連続参加してもらい、お客様の似顔絵をかなり描いてもらいましたが、この日もかなり忙しそうでしたね。ご苦労様です!

土蔵改修工事。

現在、土蔵の改修工事をさせて頂いております。
明治8年建築の土蔵ですから、計算すると築137年の土蔵です。
137年の間、代々、ご家族の大切なものを守ってきたことを考えますと非常に感慨深いものがありますね。

住宅の長寿命化やストック社会が最近になって特に言われておりますが、永く住み継げる住まいづくり、そしてその維持管理のお手伝いを通して社会のお役に立ちたいと強く思う今日この頃です。

新しく生まれ変わる土蔵の姿を見るのが今から楽しみですね。

土蔵改修
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。