スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

平成25年度税制改正大綱。

先日、平成25年度税制改正大綱が発表されました。

住宅新築やリフォームに関係する大きな柱は次の二つになりそうです。


・住宅ローン減税の延長・拡充

 一般住宅の場合
   平成26年1月~3月に入居  年間最大控除額20万円 
   平成26年4月~平成29年12月に入居  年間最大控除額40万円

 認定住宅の場合(認定長期優良住宅と認定低炭素住宅)
   平成26年1月~3月に入居  年間最大控除額30万円
   平成26年4月~平成29年12月に入居  年間最大控除額50万円

 現行制度の2倍の所得税額控除となりそうです。

 また、個人住民税の住宅ローン控除、自己資金で認定住宅を取得した際の住宅投資減税、省エネ改修減税バリアフリー改修減税なども拡充されるようです。
          
 


・相続税・贈与税の見直し

 相続税の基礎控除
 定額控除3,000万円(現行は5,000万円)
 法定相続人比例控除600万円×法定相続人数(現行は1000万円×法定相続人数)

 相続税の税率構造も2億円以下の金額から税率が上がっています。

 小規模宅地等についての相続税の課税価格計算の特例については面積要件が現行240㎡から330㎡に拡充。

 相続時清算課税制度の適用要件の見直しで受贈者の範囲に20歳以上の孫を追加。また、贈与者の年齢要件を60歳以上(現行 65歳以上)に引き下げる。

 
 などなど色々な改正が行われそうです。
 
 
新築やリフォームをされるお客様は他の買い物とは比べ物にならないくらいの高額なお金を支出されます。そのようなお客様のご期待にお応えし、心からご納得、ご満足頂ける様にベストな資金計画や税金面からのアドバイス(ご提案するプランも当然ですが・・)ができるように日々勉強しなければなりませんね。

 今後の税制改正の動きには要注目です。
           

スポンサーサイト

F様邸のリスニングルーム。

先日発行されました「まんまる2月号」でパルコンオーナーF様のリスニングルームが紹介されました。

F様からはご自宅建替えのご縁を頂いた関係で、リスニングルームも当社にて施工させて頂きました。
広さ20畳、天井高5mのリスニングルームですが、記事には「音響を徹底吟味した巨大な空間はまるで小宇宙」とのタイトルがついていました。まさしく「小宇宙」そのものですね。

リスニングルームやシアタールーム、音楽教室などではコンクリート構造の遮音性がいかんなく発揮されます。ご興味あれば是非まんまる2月号を見てみて下さいね。

F様邸リスニングルーム

本年も宜しくお願い致します。

新年明けましておめでとうございます。
本年も宜しくお願い致します。

今年最初のブログです。

先程、毎年恒例の安全祈願で日枝神社にいってきました。

今年1年の無事故、無災害を祈念してきたわけですが、日常の仕事の中には、車を運転したり、足場にのぼったり、現場内部の確認をしたり、屋上にのぼったり、となにかといろんなところに危険がひそんでいるものです。
事故や災害が起きてからではどうしようもないので、事前にしっかりと安全対策を心がけるようにしたいものですね。


また、個人的には今年は年男なので自分が成長するうえで一つの契機となる年としたいですね。年があけてまだ間もないですが、光陰矢のごとしで時間はすぐに経ってしまいます。1日1日を今まで以上に大切にしたいと思います。

それでは、今年も大成ハウジング富山を宜しくお願い致します。

2013年安全祈願
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。