FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

安藤忠雄さんの本。

最近、安藤忠雄さんの本「安藤忠雄仕事をつくる 私の履歴書 日本経済新聞出版社」を読みました。

池田が安藤さんの作品をはじめて見学したのは高岡市にあるミュゼ福岡カメラ館ですが、コンクリート打ち放しのダイナミックな空間に感動したのを今でもはっきり覚えています。その後、司馬遼太郎記念館など見学しましたが安藤さんの魂の入った作品にはいつも圧倒されると同時に、本当に勇気づけられますね。

今回の本で非常に印象的だったのは安藤さんが「建築」や「住まい」について語られている箇所でした。

「建築とは、人間が集まって語り合う場をつくる行為にほかならないと、気付いた」
「集まりくる人々の心と心をつなぎ、感動を刻み込むのが建築の真の価値なのだ」
「住まいは人間の生活の原点であり、建築の原点ともいえる」 

いずれも素晴らしい金言ですよね。
「建築」という言葉を「住まい」に置き換えるとそのまま住宅産業に携わる我々の金言になろうかと思います。

「住まい」の仕事に携わる社会的意義について深く考えさせられた一冊でした。

安藤忠雄さんの本

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。