FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

成功は一日で捨て去れ。

成功は一日で捨て去れ。
これはユニクロを展開するファーストリテイリングの会長兼社長の柳井正さんの言葉です。
非常にインパクトのある言葉ですが、最近になってようやくこの言葉の正しさを実感しているところです。

時として成功体験というものは自分なりの固定観念をつくってしまう厄介なものです。
これを仕事に当てはめて考えてみますと・・
「以前はこういうやり方で上手くいったから今度も大丈夫だろう」

「以前こういう話をしたらお客様が納得してくれたので、今回も納得してもらえるだろう」

「この方法以外は考えられない。過去に成功した方法だから・・」

「住宅業界ではこれが当たり前のことなんですよ。こんなもんなんですよ」

このような成功体験が上手くいったのはもう過去の話で個人の価値観が多様化複雑化し、なんでもすぐに陳腐化してしまう超スピード社会の現代ではなかなか通用しなくなっていますよね。
かくいう私も日々このように痛感しているところであります。

ではどうすればよいのかと考えると、柳井さんの言葉が頭に浮かんできます。
成功は一日で捨て去れ。
要するに、過去の成功体験にとらわれずに日々創意工夫、挑戦をする。とにかくその日上手くいったことでも次の日にはリセットする。そうやって1日1日を挑戦の日々にすることが大事ではないかと考えます。
そのことがひいてはお客様のお役に立つことになり、そして結果として社会のお役に立つことにつながっていくものと信じます。

お客様の価値観が多様化複雑化し、日々変化している現代社会。
私たちは常に過去の成功体験にとらわれず、毎日をリセットしてお客様との対話から、「どのように考えておられるのか。どうすればこのお客様のお役にたてるのか。どうしたら心から喜んでもらえるのか」を愚直に考え続け、実践していかなければなりません。

毎日毎日変化し続けることの重要性を柳井さんの言葉は教えてくれます。
超スピード社会の現代において生き残れるものは、力の強いものでも、智恵のあるものでもありません。
変化できるものです。

成功は一日で捨て去れ。

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。