スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東日本大震災から3年。

今日で東日本大震災から3年が経ちました。

今日現在2,633人の方がいまだ行方不明とのこと。

本当に悲しいことです。弔いも充分にできないご家族、ご親族のお気持ちを考えたら心が痛みます。


この3年間私たちは「家族を守る強い家」をキーワードにしてきました。大成建設がコンクリート住宅パルコンを開発したのは「家は頑丈で大切な家族を守る器でなければならない」という建築思想からスタートしています。この建築思想は今後も貫かなければならないと強く思います。

確かに自然災害はいつ起きるかも分からず避けることが非常に難しいですが、災害発生時に命を守る行動は取れるはず。

その時、家がシェルターとして家族みんなを守ってくれる。そんな強い家を1棟でも多くつくりたいという思いを強くしたのが東日本大震災でした。

地震、台風、竜巻、大雪、火災、土石流、そして津波にも負けない強い家。

そんな強い家が日本全国にもっともっと増えれば良いと思っていますし、それが住宅業界全体の使命だと思います。

そしてやはり生まれ育った故郷である富山県を守りたい、そして学生時代を過ごした同じ北陸の地を守りたい。

大げさに聞こえるかもしれませんが、本気でそう思っています。

尊い犠牲を無駄にはしないために、今この瞬間に自分ができることは何かを考えて、毎日真剣に生きなければなりません。


東日本大震災で亡くなられた方々のご冥福を心からお祈り致します。


コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。