スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

良書を読む。

今年度の個人目標プライベート欄で1か月に4冊の良書を読むという目標を立てた池田です。

最近では富士フィルムホールディングスの古森重隆さん、現場論の第一人者遠藤功さん、ロシアの文豪ドストエフスキー、世界的仏教哲学者鈴木大拙等々いろんなジャンルの本を読んで日々気づかせてもらっております。

就寝前の読書は1日の中で一番リラックスできて嬉しい時間です。

そして現在読んでいるのは私が尊敬する稲盛和夫さんの京セラフィロソフィ。

事を成し遂げるためにいかに思想、信念、信条、志、哲学が重要であるかということを気づかせてくれる良い本だと思います。

順境より逆境が多いのが人生。

楽しいことより苦しいことの方が多い毎日。

そんな中でも芯さえしっかりしていれば必ず乗り越えていけることを気づかせてくれます。

読書の中で得た気づきや感性を如何に現実的に仕事やプライベートで実行していけるか。これがこれからの重要な課題です。


パルコンユーロシリーズ パルコン ノーブル

main_convert_20150720145909.png

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。